5月20日現在の感染状況

メキシコ国内:感染者 56,594人(前日より +2,248人)、死者 6,090人

昨日の最多新規感染者数より若干少なくなっていますが、新規の1日の死者数は過去最高となり、世界10位の多さとなりました。まだまだ予断は許せない状況です。別の記事では、メキシコシティの現在の”赤信号”(最も感染が深刻な状態)の状況は、6月15日まで続くので、それまで経済活動は再開は不可能とありました


(https://www.eluniversal.com.mx/metropoli/cdmx/cdmx-se-quedara-en-semaforo-rojo-hasta-el-15-de-junio)



グアナファト州内:感染者 1,062人(+32)、死者 89人

上記感染者のうち、レオン:317人、イラプアト:84人、セラヤ:93人、サラマンカ:106人


死亡者の内訳: (1 Abasolo, 5 Acámbaro, 1 Apaseo el Grande, 21 Celaya, 3 Cortazar, 1 Doctor Mora, 2 Guanajuato, 6 Irapuato, 2 Jaral del Progreso, 4 Juventino Rosas, 11 León, 3 Moroleón, 1 Pénjamo, 2 Romita, 10 Salamanca, 2 Salvatierra, 1 Santiago Maravatio, 2 San Francisco del Rincón, 1 San José Iturbide, 6 San Luis de la Paz, 1 Silao, 1 Uriangato, 1 Valle de Santiago, 1 Yuriria)



グアナファトの新規感染者数が、昨日の46人よりも減っています。


今日は買い出しで3日ぶりに住んでいるコミュニティの外に出ましたが、ほぼ9割近い人がマスクやフェイスシールドを着用していました(中には両方つけている人も!)。また、いくつかの飲食店では、店内飲食を再開している店舗もありましたが、まだまだ人手は元に戻る気配はないです。





0件のコメント
gfnyjapan