グアナファト州、政府の信号も赤信号に他: 1月2日の感染状況

目次

メキシコ国内 州・市町村別 グアナファト州 1月4日から1月17日までの経済活動の再開信号:グアナファト州、モレロス州も赤信号に

メキシコ国内


感染者数: 1,443,544(+6,359人)、死者:126,851人 

現在の陽性患者数:58,103人  回復者数: 1,090,905人 死亡率 9.4%


1日当たりの死亡者数が12月30日は1,052人、1月1日は700人となっており、第1波時よりも多い傾向が続いています。

ちなみに、昨年末イギリスで発生したコロナ変異種は現在のところメキシコでは発見されていません。

州・市町村別の現在の陽性患者数(上位5位)


州別

  1. メキシコシティ: 4,906人

  2. グアナファト州:3,565人

  3. ヌエボ・レオン州:3,098人

  4. ハリスコ州: 2,499人

  5. メキシコ州:2,482


市町村別 

  1. プエブラ(プエブラ州):1,180人

  2. レオン(グアナファト州):1,150人

  3. ケレタロ(ケレタロ州):1,124人

  4. グアダラハラ(ハリスコ州):998人

  5. モンテレイ(ヌエボ・レオン州):880


メキシコシティで年末年始、フィエスタ(パーティー)が多く開催された地域が掲載されています。イスタパラパなど、感染者の多い地域での開催が目立ちます。

https://www.eluniversal.com.mx/metropoli/estas-son-las-colonias-donde-se-reportaron-mas-fiestas-en-navidad-y-ano-nuevo-en-cdmx


下のサイト内の右下▷をクリックしていくと、上記の6位以降の数字も見れます。

グアナファト州内

感染者 85,210人(+505人)、死者 5,722人



1月4日から1月17日までの経済活動の再開信号:グアナファト州、モレロス州も赤信号に


メキシコ政府より、1月4日から1月17日までの経済活動の再開信号が発表されました。グアナファト州ではすでに1月10日まで赤信号としていますが、11日以降も継続して州政府が国に合わせて赤信号になると思われます。


赤信号(5州):バハ・カリフォルニア州、メキシコシティ、メキシコ州、グアナファト州、モレロス州


オレンジ信号(22州):アウイラ州、ヌエボ・レオン州、ハリスコ州、イダルゴ州、ゲレロ州、アグアスカリエンテス州、ケレタロ州、サン・ルイス・ポトシ州、タバスコ州、プエブラ州、ナヤリ州、キンタナ・ロー州、ミチョアカン州、南バハ・カリフォルニア州、ソノラ州、ユカタン州、コリマ州、トラスカラ州、オアハカ州、サカテカス州、ドゥランゴ州

(オレンジ文字の州は赤信号に近い状況の州)


黄色信号(3州):ベラクルス州、シナロア州、タマウリパス州


緑信号(2州):カンペチェ州、チアパス州



リソース元URL:https://www.eluniversal.com.mx/nacion/cdmx-edomex-bc-guanajuato-y-morelos-mantendran-el-semaforo-rojo-partir-del-4-de-enero



MEXITOWNへのお問い合わせはこちらのフォーマットから承ります
(お急ぎの方は右下chatboxでご連絡ください)
arrow&v

送信ありがとうございました

gfnyjapan
vertical.png
WhatsApp Image 2021-06-21 at 16.09.59.jpeg