メキシコシティが緑信号に移行: 信号情報と6月4日の感染状況


コロナウイルス感染状況

メキシコ国内 州・市町村別 グアナファト州

6月7日から6月20日までの経済活動再開信

メキシコシティ:緑信号後の規制緩和について

ワクチン接種事情

コロナウイルス感染状況


メキシコ国内


感染者数: 2,429,631+2,809人)、死者:228,568人 

現在の陽性患者数:18,800人  回復者数: 1,936,266人 死亡率 9.4%

病床占有率:重症者用病床:13%、一般病床:13%


※↑感染者数のリソース元:El universal


7日間の平均新規感染者数も記載されたGoogleのデータです。

下のグラフの青い折れ線グラフが7日間の平均患者数です。



州・市町村別の現在の陽性患者数(上位5位)



州別

  1. メキシコシティ: 5,051人

  2. タバスコ州:1,517人

  3. ユカタン州:1,408人

  4. キンタナ・ロー州: 1,356人

  5. メキシコ州:1,125人


市町村別 

  1. Alvaro Obregon(メキシコシティ):1,771人

  2. メリダ(ユカタン州):1,078人

  3. セントロ(タバスコ州):837人

  4. ベニート・フアレス(メキシコシティ):719人

  5. ロス・カボス(南バハ・カリフォルニア州):601人

下のサイト内の右下▷をクリックしていくと、上記の6位以降の数字も見れます。



グアナファト州内

感染者 133,391人(+44人)、死者 11,124人



6月7日から6月20日までの経済活動再開信号



6月7日から6月20日までの経済活動の再開信号が発表されました。これまでの感染者が最も多いメキシコシティが緑色になり、緑信号の州は19州となりました。その一方で、南バハ・カリフォルニア州、ユカタン州、タバスコ州がオレンジ信号に戻っています。


赤信号(0州):