ハリスコ州政府「緊急事態ボタン」の発動(詳細あり):10月29日の感染状況

メキシコ国内


感染者数: 912,811人(+5,948人)、死者:90,773人 

現在の陽性患者数:33,806人  回復者数: 611,196人 

死亡率:9.9%

州・市町村別の現在の陽性患者数(上位5位)


州別

  1. メキシコシティ: 6,690人

  2. ヌエボ・レオン州:2,791人

  3. グアナファト州:2,345人

  4. コアウイラ州: 2,047人

  5. メキシコ州:1,923


市町村別 

  1. ケレタロ(ケレタロ州):1,260人

  2. モンテレイ(ヌエボ・レオン州):951人

  3. ドゥランゴ(ドゥランゴ州):960人

  4. グスタボ・ア・マデロ(メキシコシティ):848人

  5. アルバロ・オブレゴン(メキシコシティ):765


下のサイト内の右下▷をクリックしていくと、上記の6位以降の数字も見れます。

グアナファト州内:感染者 49,842人(+416人)、死者 3,345人


ハリスコ州政府、10月30日から11月13日まで、「緊急事態ボタン」の発動


ハリスコ州政府はコロナウイルスの感染の再拡大を受けて、10月30日から11月13日までの14日間、「緊急事態ボタン」を発動することを発表しました。発動されるのでないかという噂がありましたが、正式に発表されました。主に夜間と土休日の人の流れを抑えるために取る対策ですが、以下、レオン領事館からのメールを一部抜粋・引用します。


(1)  期間は、10月30日から11月13日までの14日間。

(2)  時間は、平日は夜19時から翌朝5時59分、週末は土曜日の朝6時から月曜日の朝5時59分まで(但し、プエルトバジャルタは、平日・週末にかかわらず夜20時30分から翌朝6時まで)。※プエルト・バジャルタのビーチは平日朝5時から午後3時までオープン。


((2)の時間での)活動の停止が求められる活動

・工業およびホテル業を除く、経済・商業・サービス活動

・技術的サービスを提供する工場

・ショッピングセンター等の商業施設

・市場、青空市場

・文化・娯楽・スポーツ活動

・スポーツ施設および森林公園

・宗教的行事および活動

・10人以上の集会

・私的な社交行事

・(平日)セルフサービス商店、クラブ、デパート

・(平日)企業事務所

・(週