11月13日の感染状況:経済活動の再開信号は先週と変更なし、ハリスコ州は緊急ボタンを解除

メキシコ国内


感染者数: 997,393(+6,104人)、死者:97,624人 

現在の陽性患者数:30,118人  回復者数: 674,694人 死亡率 9.7%


州・市町村別の現在の陽性患者数(上位5位)


州別

  1. メキシコシティ: 4,499人

  2. ヌエボ・レオン州:3,668人

  3. グアナファト州:2,456人

  4. ケレタロ州:1,902

  5. コアウイラ州: 1,794人


市町村別 

  1. ケレタロ(ケレタロ州):1,506人

  2. モンテレイ(ヌエボ・レオン州):1,141人

  3. アルバロ・オブレゴン(メキシコシティ):857

  4. ドゥランゴ(ドゥランゴ州):838人

  5. サン・ルイス・ポトシ(サン・ルイス・ポトシ州):635人


下のサイト内の右下▷をクリックしていくと、上記の6位以降の数字も見れます。

グアナファト州内:感染者 55,220人(+344人)、死者 3,728人


グアナファト州政府は、11月16日から22日までもオレンジ信号の継続を発表しました。


11月16日から11月22日までの経済活動の再開信号は、今週と変わらず


11月16日から22日までの経済活動の再開信号が発表されましたが、今週と変更はありませんでした。

赤信号:チワワ州、ドゥランゴ州


オレンジ信号:コアウイラ州、コリマ州、ヌエボ・レオン州、サカテカス州、ハリスコ州、イダルゴ州、メキシコ州、メキシコシティ、ユカタン州、ゲレロ州、アグアスカリエンテス州、ケレタロ州、バハ・カリフォルニア州、南バハ・カリフォルニア州、グアナファト州、ソノラ州、サン・ルイス・ポトシ州、シナロア州

黄色信号:タマウリパス州、チアパス州、モレロス州、トラスカラ州、タバスコ州、プエブラ州、ベラクルス州、ナヤリ州、キンタナ・ロー州、ミチョアカン州、オアハカ州

緑信号:カンペチェ州


また、ハリスコ州が10月30日から11月13日まで発動していた緊急ボタンは解除され、明日からは平常通りに戻るようです。この緊急ボタンが本当に感染者の抑制に役立ったのかを、グアダラハラ大学では11月26日までの14日間の間で評価していくともしています。


https://www.eluniversal.com.mx/estados/termina-segundo-confinamiento-en-jalisco-el-resultado-es-alentador-alfaro


MEXITOWNでは現在、アンケートを実施しています。回答にご協力お願いします!


https://forms.gle/ee6SMj7r3GcBroV48


MEXITOWNへのお問い合わせはこちらのフォーマットから承ります
(お急ぎの方は右下chatboxでご連絡ください)
arrow&v

送信ありがとうございました

gfnyjapan
vertical.png
WhatsApp Image 2021-06-21 at 16.09.59.jpeg