(2021年2月下旬現在)一部修正(寄稿)メキシコからアメリカ経由で日本に帰国する時の様子



こんにちは。メキシコから本帰国される方が増える季節になりましたが、多くの方がコロナ禍での飛行機の帰国に不安を感じていらっしゃることと思います。そこで、この記事では2021年2月下旬に確認出来た情報となりますが、メキシコからアメリカ・テキサス州ヒューストン経由で羽田に帰国した時の様子をご紹介します。


※あくまでも2021年2月下旬の状況となりますので、状況は変更になることがありますのでご了承ください。また、より詳しい内容を知りたい方は右下チャットボックスから編集部にご連絡ください

<目次>

出発前@メキシコ:メキシコ国内で検査はどうしたら受けることができる?

出発前@メキシコ:グアナファト空港と機内(ユナイテッド航空)の様子

テキサス州・ヒューストンでの乗り継ぎ

テキサス州・ヒューストン国際空港と機内の様子

到着@羽田空港:着陸から検査まで

まとめ

出発前@メキシコ:メキシコ国内で検査はどうしたら受けることができる?


まず、日本・アメリカ両国とも入国するには出発72時間前の新型コロナウイルスの陰性証明書が必要になります。


この2つ、どのように違うかというと(あくまでメキシコでの話)


  • PCR検査・・・検査結果が出るまでに24時間~72時間かかる。費用が高い(相場:3000~4500ペソ)新型コロナウイルスの症状が確認できない人向け。検査方法は鼻ぬぐいや唾液

  • 抗原検査・・・検査結果が出るまでに20分~24時間かかる。費用はPCRよりも安い(相場:800~1500ペソ)(通常は)新型コロナウイルスの症状があるかもしれないという人が受ける ※加筆:抗原検査には抗原定量検査と抗原定性検査がありますが、日本政府が許可しているのは”抗原定量検査”のみです。検査する前に日本政府のフォーマットを見せて、お近くの検査機関が対応しているかどうかを必ず確認してください。


参考URL:

厚生労働省 水際対策に係る新たな措置について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html


※抗原検査は従来コロナウイルスの症状のような確認される方を対象としていますが、1月26日にアメリカに入国する人全員に陰性証明書を義務付けたことから、症状がない方でも検査ができる機関が増えているようです(広告などで症状がある人のみ と明記している機関もありますが、問い合わせる方が無難です)


実際の検査:予約から検査結果まで


検査を行う機関にwhatsappで問い合わせをしたところ(※レオン市内にお住まいの方で探している方がいらしたら、個別にお問い合わせください(英語可な検査機関です))、フライト・目的地などを聞かれ、フライトの72時間前から検査を自宅で受けることができます。自宅に来てもらうサービスがあるのは、医療機関に行くよりも安心ですね。


自宅に医師が来て、数秒で検査を実施。検査は、鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swb)という、細い棒を鼻に入れる方法です。痛いという声がありましたが、痛みはなかったです(医師の腕がよかった?)検査結果が出るまでは20~30分かかりました。医師に日本政府が指定するフォーマットに検査結果と署名を記入してもらい、完了。検査結果(英語・スペイン語)がメールで送られてくるので、これは印刷・スクリーンショットを必ず保管してください。