【ニュース記事】メキシコのワクチン事情:60歳以上のワクチン接種、申請開始



こんにちは。世界中でコロナウイルスのワクチン接種が始まっていますが、メキシコ保健省次官のガテル氏は、2021年2月2日に、60歳以上の成人がCOVID-19の予防接種を受けるためにどのように申請できるかを発表しました。そこでこの記事では、メキシコのワクチン接種事情の紹介の一つとして、その申請内容などをご紹介します。


※本記事では、リソース元に記載されていたことのみを掲載しています。あくまでもメキシコのメディアがどうワクチンやワクチン接種後の予防法について紹介しているのかをご参考にしていただければ幸いです。


リソース元:Registro de adultos mayores para vacunación contra COVID; así se debe hacer

https://www.unotv.com/nacional/abren-registro-de-adultos-mayores-para-vacunacion-contra-covid-asi-se-debe-hacer/

政府が準備したプラットフォーム”Mi Vacuna”でのみ申請可能

メキシコでは、福祉年金制度(Bienestar)に登録している高齢者の登録簿を活用して申請をが、この登録簿には国内のすべての成人が含まれているわけではないので、新たにワクチン申請のプラットフォームとしてMi Vacunaを用意しました。このページ以外からの申請は不可。


Mi Vacuna

https://mivacuna.salud.gob.mx


必要な情報はCURPだけです。この情報がわからない場合は、同じプラットフォームにそれを参照するためのリンクがあります。CURPが入力されると、システムはその人のデータを表示します。それらが正しい場合は、[予防接種を受けたい]チェックボックスをオンにする必要があります。次に、最も近い予防接種ポイントを見つけるために、高齢者が住んでいる場所を示す必要があります。10桁の登録が必要な連絡先番号とメールアドレスも要求されます。登録が完了すると、プラットフォームは証拠として登録キーを生成します。


2月15日月曜日の時点で、すでに60歳以上の成人が32州で予防接種プロセスを開始しています。


予防接種を受けることの利点

予防接種を受けると、自分自身だけでなく、周りの人も守ることができます。たとえば、深刻な病気に苦しんでいる人や、防御力が非常に低い人は、特定の病気の予防接種を受けるように勧められない場合や、健康な人としての反応が保護されない場合があります。したがって、これらの人々の保護は、私たちの残りの人々が予防接種を受け、そのような病気の蔓延を減らすのを助けることにかかっています。


ワクチンは安全ですか?

ワクチンは安全です。承認されたすべてのワクチンは、臨床試験のさまざまな段階で厳密にテストされ、販売された後も定期的に評価され続けます。科学者たちはまた、ワクチンが悪影響を与える可能性がある兆候を探して、さまざまな情報源からの情報を絶えず監視しています。


COVID-19の予防策を講じた場合、予防接種を受ける必要がありますか?

パンデミックを通じて私たちが講じた予防策は、COVID-19を止めるには不十分であり、したがって、伝染の速度を低下させる別の方法であるため、ワクチン接種が依然として必要です。


予防接種を受けた後、マスクを着用する必要がありますか?

はい。WHOは、ワクチンが効果を発揮するまでには時間がかかり、パンデミックを制御するための追加の手段であると指摘しています。そのため、人々が人と接触するときは、鼻と口を覆うマスクを着用することを引き続きお勧めします。 COVID-19ワクチンの医療施設にいるときも含めて、一緒に住んではいけません。


gfnyjapan