メキシコで調達できる生活用品

最終更新: 2020年6月12日

Hola! 私もメキシコに来る前は不安でしたが、実際に生活してみて、


”日本から持ってこなくてもいい”

”現地調達で充分!”


と思えたものをいくつか紹介していきます。そんな大きいものそもそも持っていく人いないよーとツッコミ入るかもしれませんが、書いておきます。


生理用品

 最近はオーガニックでできているものも売られており、大きさ・長さ・用途別に種類も豊富です。またメキシコの生理用品は、何故かおまけがついていることが多いので結構おまけ目当てで買ったりすることもあります。最近では化粧ブラシ、化粧ポーチ、Venusの女性用カミソリなどがついてきました。


醤油などの液体系の調味料

 持ち運ぶ時にスーツケースでこぼれる心配もあります。醤油などの調味料はだいたいTOYOでそろっていますので、よほどのこだわりがなければ現地調達で充分です。鶏肉のコンソメパウダーはクノールで出しているもので全然問題なし。また、イースト菌もありますよ。


コンソメ(写真はキューブ型)

イースト菌(スーパーの小麦粉やパンケーキミックスのコーナーにあります)


・お米・小豆などの豆類

 まず、税関でひっかかる可能性が非常に高いです。見つかったらかなりの確率で没収されます。現地でも調達は可能なので、心配しないでください💦


・サランラップ、アルミホイル

 COSTCOのサランラップとアルミホイルが使い勝手がいいので、日本から持ってくる必要はありません。サランラップは重くて大きいけれど、テーブルに置いたまま、カットできるので、非常に便利!


サランラップ

アルミホイル


また、メキシコのCOSTCOのメンバーシップになれば、メキシコ国内はもちろん、日本やアメリカのCOSTCOに入って買い物することもできます(※アメリカのCOSTCOのメンバーシップはアメリカ国内のCOSTCOしか入れない)ので、日本への一時帰国の時も、COSTCO行くことができます。


メンバーシップのことはこちらから

https://www.costco.com.mx/membresias


・シャンプー、リンス、ボディーソープ

 人によるので一概には言えませんが、ちゃんとしたブランドのものを選べばメキシコのものでも問題ないと思います。こちらで買えるシャンプーのブランドはPANTENE、Dove、ハーバルエッセンス(個人的に好き)、Olayです。


・外国ブランドの化粧品

 フランスの有名な敏感肌の人からも愛用されているAveneは、COSTCOのPharmacy、Sanborns(レストランが併設されているちょっとした小さいデパート)、HEBで売っています。日本よりも2割くらい安かったです(為替レートによる)。また、BODY SHOP、Yves Rocher、Dior、LANCOMEなどは一部アメリカよりは高いけれど、わざわざ日本から持っていくものでもないので、ほしい方はこちらで購入する方がいいと思います。


・プリンター

私も日本から持ってこようか散々悩みましたが、日本のプリンターのインクなどの消耗品がメキシコで売られているものとは違うため、持ってこられても結局消耗品が手に入らずで使えなくなります。。。


いかがでしたか?あとは雑貨や寝具、インテリア用品などもこちらでそろえることをおススメします。日本にはないデザインで、メキシコにいるときしかできないようなインテリアコーディネートは海外生活の醍醐味といっていいでしょう。おススメの雑貨やお店はこのブログで追って紹介していきます!


こちらはあくまでも個人意見の一つとして、今後いらっしゃる方は参考にしてみてくださ~い。




0件のコメント
gfnyjapan
WhatsApp Image 2021-06-21 at 16.09.59.jpeg
160×600(原寸).png