今年こそは作りたい!メキシコのクリスマスの伝統料理Bacalao Navidenoのレシピを紹介!



Hola!クリスマスももうすぐですね。読者の皆様は今年のクリスマスはどのように過ごされますか?のんびり家で親しい仲間や家族と過ごす方は、クリスマスの日には何を作りますか?折角ならメキシコのクリスマスの伝統料理にもチャレンジしてみませんか。


そこで今回は昨年実際にMEXITOWN編集長が作ったメキシコ伝統のクリスマス料理の1つ、Bacalao Navideno (直訳は”クリスマスの干し鱈” 干し鱈のトマト煮込み)レシピを公開します。Bacalao Navidenoは人によってはBacalao de Navidad など、色々な言い方もあります。もともと干し鱈はスペインやポルトガルで食べられているものですが、メキシコではクリスマスの料理として定番化しています。

 



Bacalao Navideno


材料:

  • 干し鱈(写真下)600g 

  • トマト:5個

  • 玉ねぎ(大):2個

  • 赤パプリカ:3個

  • にんにく:5かけ

  • 緑オリーブ:数粒

  • ケッパー:数粒

  • Papas cambrey (小さい皮つきのじゃがいも):500g

  • パセリ:適量

  • 無塩アーモンド:適量

  • 牛乳

  • オリーブオイル

実際に購入した干し鱈の写真。私はLa Europeaという酒屋さんで購入しました。La Europeaは他にもスペインなどからの輸入食材が豊富で、センスがいいので気に入っています。


 

作り方


1.干し鱈を全てボウルにあけ、水に浸します。1日最低3回くらいは水を交換して塩を抜く作業を作りたい日の3日前から行います。


2.3日後、今度は1.の水を捨ててボウルに戻した後、牛乳を注いでいきます。冷蔵庫に入れて6時間ほどつけておきます。これをすることで鱈の臭みがよりとれると思います。


3.6時間後、鱈をよく洗い、ほぐしていきます。ほぐしてあるタイプの干し鱈を購入した方は、少し細かくしてもよし、そのままでOK。骨に気を付けてください!



4.別のフライパンでトマトを焦げ目がつくまで焼きます。パプリカも別で同じように焦げ目がつくまで焼きます。少々冷めたら、パプリカの薄い皮を剥いて、食べやすい大きさにカットします。


5.じゃがいもはよく洗い、割と大きいサイズのものは半分にカットしたら数分茹でます(菜箸がスッと刺さるくらい)。皮は剥かないで構いません。


6.玉ねぎは半分に切った後、千切りにしておきます。半分にしたことで4個になりますが、そのうち3個は千切り、もう1個はそのままにしておきます。


7.お鍋にオリーブオイルを入れて(1/2カップほど)、にんにくを入れて炒めます。にんにくの色が変わったら一旦にんにくを取り出し、6.の玉ねぎを入れて炒めます。


8.ミキサーで4.のトマトとパプリカの一部、6.の千切りにしていない玉ねぎと7.のにんにく、水少々を入れ、スープ状にします。



9.8.を7.のお鍋の中に入れます(この時いきなり入れると跳ねるので、一旦お鍋の火を消してしばらく置いたあとにゆっくり入れる方がいいです)。お鍋の中でよく混ぜ20分ほど弱火にかけたら、カットしたパセリ、干し鱈、じゃがいも、緑オリーブ、ケッパー、無塩アーモンドを投入してさらに30分弱火で煮込んで出来上がりです!


余った干し鱈の使い道は?


昨年編集部も作った時に干し鱈が余りました。色々インターネットで調べたところ、ホワイトソースとペンネでグラタンにしても美味でした。また、じゃがいもを細切りにして干し鱈と炒める方法もあります!



いかがでしたか?少々手間がかかるところもありますが、メキシコにいるからこそ、現地流のクリスマス料理を実際に作ってみて、ワイワイと楽しむのも素敵ですね!


今回私が参考にしたのは、以下のYoutubeの動画です。若干分量や材料が違いますが(最後にチリを入れるのは、辛すぎるといやなので避けました)、イメージをつかむにはとてもいい紹介動画になっています。


 

MEXITOWNへのお問い合わせはこちらのフォーマットから承ります
(お急ぎの方は右下chatboxでご連絡ください)
arrow&v

送信ありがとうございました

vertical final bold.jpg
vertical.png

MEXITOWN 

スポンサー様広告

huekapipo_tate.jpeg
3.png
saboten.png
xicali.png
Mexitown_Mesa de trabajo 1.jpg