日本の商品をメキシコに配送すること、諦めないでください!:海外配送代行サービス「コンテナ」インタビュー



こんにちは。コロナ禍で日本への帰国を先延ばしにしている方でも、日本のECサイトで買い物をしてメキシコに届けたいとお考えの方もいらっしゃると思います。でも、ECサイトは海外発送を行っていないことが殆どですね。そこで今回はそうした海外在住の方への強い味方となるサービスで、株式会社re様が提供する”コンテナ”のご紹介をします。サービスを始めたきっかけやコンテナをどうやって利用するのかを、社長の福村様から伺いました。

<目次>

海外にいてもECで買い物できる!

商品の預かりからお届けまで、一気通貫でサービスをご提供

配送の速さなどがセールスポイント

暗に選択肢を切ってしまうのではなく、是非ご利用ください!

編集後記

企業情報

海外にいてもECで買い物できる!


MEXITOWN(以下、MT):こんにちは、本日は宜しくお願い致します。海外配送代行のサービスは、メキシコに住むMEXITOWNの多くの読者の方が気になるサービスだと思います。まず、こちらのサービスのご紹介をお願いします。


福村様:こちらこそ宜しくお願いします。まず、弊社株式会社reは、もともとcanalという梱包材のデザインを手掛ける事業として、2018年3月に立ち上げた会社です。今年から、コンテナという海外配送代行サービスを提供開始しました。コンテナの海外配送代行をご利用いただくと、海外にいても日本のECで買い物をすることができます。日本の多くのECサイトは海外配送対応していないため、日本に居住地がないと送ることができない現状を目の当たりにしたので、弊社指定の住所にECでお買い求めいただいたものを送ってもらって、まとめて海外発送という流れのサービスとなっています。 

     

送っていただいた商品も会員様が商品登録をする必要もなく、弊社で登録・管理しています。

MT:サービスを始めたきっかけやエピソードは何ですか


福村様:もともと私の周りに、が大学時代から海外留学・駐在する友人が多かったです。私自身も大学時代にはインド、スリランカ、モロッコ、ポーランド、ドイツ、インドネシア、中国に滞在したことがあり、滞在中は現地の物を楽しんだりしました。しかし、長く滞在するとだんだん日本の物を恋しくなることがあり、手に入らなかったりすることで不便さを感じていました。


コロナウイルスのパンデミック以降、航空料金の値上げや、2週間隔離などの制約があるため、海外から日本に一時帰国を気軽にスケジュールできない状況になりました。これまでMEXITOWNの読者の方の中にも、スーツケースを2~3個ぎゅうぎゅうになるほど日本のものを詰め込んで調達していた方もいらっしゃると思います。そんな中、「何か分断してしまったところをつなぎ合わせることができないか」、「海外配送すごく高い」というイメージを軽減することができないか」を考え始めたのがコンテナを始めたきっかけです。 

MT:仰る通り、コロナウイルスのパンデミックによって、日本に帰国して沢山買い出しすることが前のようにやりにくくなってきました。そうした中で御社のサービスは非常に魅力的ですが、海外配送料が高いという概念はどのように工夫されましたか。


福村様:弊社は自社で航空機を所有し輸送するFedexやDHLと法人契約をすることで、個人の方がこれらの輸送会社を使ったり、日本郵便のEMSで送るよりも安く抑えることができます。


商品の預かりからお届けまで、一気通貫でサービスをご提供


MT:会員登録から商品が実際にお客様のところに到着するまでの流れを教えてください。


福村様:以下、サービスの流れ(登録から荷物がメキシコに届くまで)及び料金体系になります。


サービスの流れ