【速報】メキシコシティが黄色信号に戻る: 信号情報と6月18日の感染状況


コロナウイルス感染状況

メキシコ国内 州・市町村別 グアナファト州

6月21日から7月4日までの経済活動再開信

ワクチン接種事情

コロナウイルス感染状況


メキシコ国内


感染者数: 2,471,741+4,098人)、死者:230,959人 

現在の陽性患者数:25,645人  回復者数: 1,966,702人 死亡率 9.3%


※↑感染者数のリソース元:El universal


7日間の平均新規感染者数も記載されたGoogleのデータです。

下のグラフの青い折れ線グラフが7日間の平均患者数です。



州・市町村別の現在の陽性患者数(上位5位)



州別

  1. メキシコシティ: 6,972人

  2. タバスコ州:2,333人

  3. 南バハ・カリフォルニア州:2,176人

  4. ユカタン州:2,113人

  5. タマウリパス州: 1,491人


市町村別 

  1. Alvaro Obregon(メキシコシティ):2,072人

  2. メリダ(ユカタン州):1,479人

  3. ロス・カボス(南バハ・カリフォルニア州):1,328人

  4. セントロ(タバスコ州):1,327人

  5. ベニート・フアレス(メキシコシティ):859人

下のサイト内の右下▷をクリックしていくと、上記の6位以降の数字も見れます。


グアナファト州内

感染者 133,854人(+33人)、死者 11,220人



6月21日から7月4日までの経済活動再開信号



6月21日から7月4日までの経済活動の再開信号が発表されました。メキシコシティが感染者増加を受けて黄色信号に戻りました。ただし、これを受けて規制を強化する発表はありません。その他、タマウリパス州がオレンジ信号に戻り、バハ・カリフォルニア州が緑信号になりました。



赤信号(0州):


オレンジ信号(5州):

  1. キンタナ・ロー州

  2. 南バハ・カリフォルニア州

  3. ユカタン州

  4. タバスコ州

  5. タマウリパス州


黄色信号(9州):

  1. コリマ州

  2. メキシコシティ

  3. チワワ州

  4. ヌエボ・レオン州

  5. カンペチェ州

  6. ソノラ州

  7. ベラクルス州

  8. シナロア州


緑信号(19州)

  1. チアパス州

  2. ハリスコ州

  3. コアウイラ州

  4. グアナファト州

  5. サン・ルイス・ポトシ州

  6. トラスカラ州

  7. オアハカ州

  8. ドゥランゴ州

  9. ゲレロ州

  10. モレロス州

  11. アグアスカリエンテス州

  12. ケレタロ州

  13. イダルゴ州

  14. バハ・カリフォルニア州

  15. メキシコ州

  16. ミチョアカン州

  17. ナヤリ州

  18. サカテカス州

  19. プエブラ州


リソース元:Así quedó el semáforo del 21 de junio al 4 de julio: CDMX regresa al color amarillo

https://www.proceso.com.mx/nacional/2021/6/18/asi-quedo-el-semaforo-del-21-de-junio-al-de-julio-cdmx-regresa-al-color-amarillo-266187.html

ワクチン接種事情


メキシコ国内


接種数:2686万

必要回数のワクチン接種完了:1,551万

人口比:12.2%





gfnyjapan
WhatsApp Image 2021-06-21 at 16.09.59.jpeg
160×600(原寸).png