第12回メキシコで頑張る人にインタビュー:GFNYコスメル出場体験談(GFNY親善大使、YOH YAMADA様②)


メキシコで頑張る人にインタビュー!第12回目となる今回は、前回のインタビュー記事が大変好評だったGFNY親善大使、YOH YAMADA様に、11月8日にメキシコのコスメル島で行われたGFNY COZUMEL大会の様子を語っていただきました


総勢2200人が参加した今回の大会。コロナ禍で半年間で予定されていた10レースがキャンセルとなりましたが、感染症対策に気を使って大会は開催されました。ではでは、早速コスメル島であたかも読者の皆様が参加した気分になれるような感じになるよう、Yohさんに聞いていきましょうー!





<目次>


コスメル島、現地の様子は?

Day 1:11月6日(金)EXPO

Day 2:11月7日(土)ゼッケン渡し

Day 3:11月8日(日)いよいよ当日!絶好のレース日和の中、全力疾走!

ゴール直後の様子もこれまでとは違ったものに

練習不足を言い訳にせず、結果を残すことを考える


コスメル島、現地の様子は?


MEXITOWN(以下、MT):こんにちはー!まずはコスメル大会、お疲れさまでした!


Yoh:こんにちはー、いやー楽しかった!最高に気分がよかったです!


MT:いいなー(笑)。カリブ海を見にまた行きたいです。まずコスメル島はここ(地図)ですが、コロナの影響で飛行機の便やフェリーの便など、減っていて大変でしたか?


Yoh:結構大変でした。まず、コスメル島までの行き方を読者の方々に説明すると、バヒオ空港からカンクン空港までフライトが2時間弱です。カンクン空港からプラヤ・デル・カルメンのフェリー乗り場までは約45分。離島のコスメル島まではフェリーで行きますが、プラヤ・デル・カルメン~コスメルフェリーの定期船自体が運航してなかった時期もありましたし、今も運航数は半減しています(※WinjetとUltramarの二社が交互に運航しています、往復チケットを買うときは要注意です)40分~50分くらい。


MT:結構空の便やフェリーはコロナ前のようには戻っていないんですね。その中で、本当にお疲れさまでした!ハリケーンが心配されていましたが、その影響は問題なかったんですか?


Yoh:開催のギリギリまで心配していましたが、ハリケーンの影響は受けませんでした。ただ、ついたその日は雨が降っていて「こりゃ大丈夫かなあ」と思いましたが、大会当日が晴れてよかったです。


MT:晴れ男!?


Yoh:そうです!晴れ男で有名ですから(笑)あとは久しぶりの湿気が多い環境で