国境を越えたビジネスを実現 ー 誰もが世界中に自由に”モノ”を提供できる社会を実現し、世界を”面白いモノ”で埋め尽くすーSTOCKCREW様にインタビュー 


「メキシコの雑貨やアクセサリを日本で売りたい」


「日本にいる両親が作っている商品の在庫があふれているけれど、商品の保管と物流を代わりにやってくれる会社が欲しい」


そんなお悩みをお持ちの方、諦めるのはもったいないですよ!


今回は、皆様が日本で商品を販売するのに非常に魅力的な「物流代行サービス」を提供するSTOCKCREWのCEO・北原様と保阪様にお話を伺いました。まだ設立して4年目となるSTOCKCREW様。海外メディアの取材はMEXITOWN初となりました!


会社を立ち上げたエピソードや海外に住んでいる方でも安心して利用できるサービスのご紹介など、熱く語っていただきましたので、どうぞ!

<目次>

誰もが世界中に自由に”モノ”を提供できる社会を実現し、世界を”面白いモノ”で埋め尽くす

全ては居酒屋での「何か面白いことしたいね」から始まった

海外からでも日本で商品を、1点から売ることが出来る

物流業界にモノ申す!

編集後記

誰もが世界中に自由に”モノ”を提供できる社会を実現し、世界を”面白いモノ”で埋め尽くす


MEXITOWN(以下、MT):こんにちは。STOCKCREW様は今年で4年目を迎え、物流代行として 1点から モノを保管でき、個人の方でも御社のサービスをご利用できるという、日本国内だけでなく、海外からもご利用ができるというサービス体系になっています。まず、御社のご紹介と物流代行をやることになったきっかけを教えてください。


北原様(写真右、左は保阪様):こんにちは。はい!STOCKCREWは2018年に設立された会社で、本社は東京にあります。もともとは株式会社KEYCREWとしてスタートしました。しかし、2021年4月に持株会社制度に移行し、株式会社KEYCREWのグループ会社の一員となっております。


現在、KEYCREWグループは、物流事業を担う株式会社STOCKCREW、ロボット事業を担う株式会社ROBOCREWで構成されており、現在準備中ですが、マーケットプレイス事業を担う株式会社MARKETCREWも設立予定です。


現在契約社数は累計200社になりました。後で保阪からも詳しく説明がありますが、関東に3拠点倉庫を構え、様々なお客様の商品を保管・発送する倉庫運営を行っています。


よく、「日本のモノづくりは死んだ」そういう声が聞こえてきますが、私たちはそう思っていないです。例えばiPhoneも最初、発売された当初は色々な意見がありましたが、今は誰もが認める商品になりましたよね。どんなアイディアも最初は小さく始まります。


ただ、こうした小さな素晴らしいアイディアを救い、市場に広めていく環境にないのが今の日本の現状です。これからは誰もがモノづくりに挑戦出来て、日本の未来を変えていきたい。それを物流のあり方を変えることで実現できる社会にしていきたいというのが弊社が始まったきっかけになります。


全ては居酒屋での「何か面白いことしたいね」から始まった


MT:モノづくりに挑戦できる社会を物流が担うという発想は、なかなかその業界にいたものでないと出てこない気もしますが、皆様物流業界ご出身ですか。


北原様:そうです。今から7年くらい前に、もともと同業他社で営業先でよく顔を合わせていた今のKEYCREW代表(中村様)と居酒屋で「何か面白いことしたいね」って話したことがきっかけでした。大きなプロジェクトも終わり、じゃあ始めようか!と2人で立ち上げました。そこで営業、会計、IT各分野の気の合う知り合いを誘っていき今の形があります。


MT:全ては居酒屋で始まった、ということですね!何だか熱いですね!