8月5日現在の感染状況:グアナファト州再開信号がオレンジ色に:陽性患者数の推移

メキシコ国内の感染状況


感染者数: 456,100人(前日より +6,139、死者: 49,698人

現在の陽性患者数:32,545人

州・市町村別の現在の陽性患者数(上位5位)


州別

  1. メキシコシティ: 4,410人

  2. グアナファト州:2,787人

  3. メキシコ州: 1,995人

  4. ユカタン州:1,860人

  5. ヌエボ・レオン州:1,771人


市町村別

  1. セントロ(タバスコ州): 1030人

  2. メリダ(ユタカン州): 1,002

  3. レオン市: 997人

  4. プエブラ(プエブラ州): 946人

  5. イスタパラパ(メキシコシティ):  581人

下のサイト内の右下▷をクリックしていくと、上記の6位以降の数字も見れます。

グアナファト州内:感染者 24,384人(+302人)、死者 1442人

上記感染者のうち、レオン:9963人、イラプアト:2788人、セラヤ:1813人、サラマンカ:1265人



グアナファト州の経済活動の再開信号がオレンジ色に


昨日の感染状況を公開した1時間半後、グアナファト州のWhatsappアカウントから”明日からグアナファト州の経済活動の再開信号がオレンジ色になります”というお知らせが届きました。この時間に!?まだ感染者は収まっていないですが??


下の絵にもあるように、オレンジ信号になったことで、映画館・劇場・博物館・文化芸術活動・宗教活動(教会のミサ)はソーシャルディスタンスを保ちながら再開することができます。その他のレストランも感染対策をきっちりとして再開可能(すでに再開しているところはあります・・)


陽性患者数は落ち着いている?

本日のメキシコ国内の陽性患者数は32,545人でした。少し減っているかと思いこれまでの陽性患者数の推移を見たところ、33,000人以下となるのは7月15日ぶりということがわかりました。ここ2週間の間でも最も少ない数値となっています。



ただし、木曜日から土曜日にかけては、これまでの傾向から感染者数が増える曜日になるので、まだ落ち着いているとは断言できません。2週間~3週間のスパンで判断が必要です。



このブログでは、よりよい情報提供のために、アンケートを実施しています。回答にご協力お願いします!


https://forms.gle/ee6SMj7r3GcBroV48




0件のコメント
gfnyjapan