top of page

【速報】一部更新・修正:メキシコ時間9月19日マグニチュード7.7の地震発生、各地で揺れを観測も目立った被害なし

更新日:2022年9月19日



メキシコ現地時間9月19日午後1時5分、ミチョアカン州のコアルコマン南約63キロの地点を震源とするマグニチュード7.7の地震が発生しました。


この地震によりメキシコシティ、グアナファト州・レオン、トルーカなどでも揺れを観測しました。この地震による大きな被害の報告はありませんが、一部で津波が観測されました。


9月19日追加:


1.MILENIO誌によると、この地震による影響で、


  • アグアスカリエンテス州

  • ハリスコ州

  • ゲレロ州

  • モレロス州

  • コリマ州


では、安全のために19日と20日、教育機関を休校にする処置をとっています。


2.地震による影響で一時、メキシコシティ、ハリスコ州、メキシコ州、ミチョアカン州、コリマ州で一部停電が発生(CFE(メキシコの電力会社)全利用者の8%相当)


3. NHKによると、これまでのところコリマ州で1人が死亡。一時期79センチの津波が観測されたが、その後警報は解除。震源地のミチョアカン州で被害が報告されている。

在日本メキシコ大使館によると、日本人の被害者は今のことろ確認されていない。


4. El Universalによると、地震の影響により、コリマ州の火山とポポカテペトル山では火山活動が記録された。


SNSでは一部フェイクの情報が出ております。

正確なニュースは政府・州政府公式アカウントやMILENIO、El Universal、AMなどの各種メキシコ・日本のマスコミのアカウントから入手するようにしてください。 


MEXITOWNではこの地震について続報が入り次第、SNSなどを通じて発信していきます。

奇しくも1985年と2017年の9月19日にも地震がありました。

 

Comments


MEXITOWNへのお問い合わせはこちらのフォーマットから承ります
(お急ぎの方は右下chatboxでご連絡ください)

送信ありがとうございました

Banner vertical (160x600).jpg
vertical.png

MEXITOWN 

スポンサー様広告

Banner TRENDIVITY - CondeHOuse 4.png
vertical final bold.jpg
縦バナー PDF_page-0001.jpg
final.png
advertise-in-Mexico312x1075.jpg
縦長広告 バナー (1).png
Banner 360x1349 OK.jpg
3.png
bottom of page