メキシコでも安定して、美味しい日本食を提供したい:第25回メキシコで頑張る人にインタビュー Restaurant Ken 憲



こんにちは。今回はグアナファト州・イラプアトにある工業団地、Castro del Rio(カストロ・デル・リオ)のショッピングモール:PLAZA MARABIS内にあるRestaurant Ken(憲)のご紹介です。多くの日系企業が集まるカストロ・デル・リオの工業団地に2019年にオープンして以来、工業団地内で働く方だけではなく、営業で工業団地を訪れた方や隣町のサラマンカからのお客様にまで、幅広く支持されています。そんなRestaurant Kenの始めたきっかけから、メキシコ人の方にはどういったメニューが人気が高いのかなど、能登様にお伺いしました。

<目次>

メキシコに住む駐在員の方に、安定して美味しい日本食を提供したい

海鮮の美味しさに驚くメキシコ人の方続出!

お弁当・オードブルのテイクアウト、配達も行っております

新しいメニューのリクエスト、お待ちしております!

編集後記

店舗情報

メキシコに住む駐在員の方に、安定して美味しい日本食を提供したい


MEXITOWN(以下、MT):こんにちは、本日は宜しくお願いします。カストロ・デル・リオ工業団地内にショッピングモールが建設されている頃から、日本食レストランが出来たらきっと流行るだろうなと思っていましたので、Kenがオープンしたと聞いたときにはとても嬉しかったです。


Ken 能登様:ありがとうございます。実は私たちは愛知県刈谷市に本社のあるユケン工業株式会社でして、金属・非鉄金属等の素材に対する表面加工処理をメインの事業としております。2014年にメキシコの拠点として、Yuken Mexicanaをカストロ・デル・リオに立ち上げました。


MT:そうだったんですね、そこから日本食レストランをオープンしたきっかけは何でしたか。

能登様:日系企業であるユケン工業として、メキシコへ展開している全ての日系企業の駐在員とそのご家族へ安定した日本食を提供していきたいという想いのもと、ユニバーサルサービスの一環として2019年にRestaurant Kenを立ち上げました。 

MT:素晴らしい取り組みですね。カストロ・デル・リオ工業団地にはそれまで、日本食を食べたいとなってもイラプアト市内まで出るか、もしくはレオンに戻るかしないとありませんでした。おそらく働いている方だけではなく、カストロ・デル・リオ工業団地の日系企業に営業周りをされている方にもレストランのオープンは朗報でした。


能登様:ありがとうございます。オープンして1年後にはコロナ禍になり、レストランの入るPLAZA MARABIS内は未だにあまりお店が誘致されていないです。ただ、そのような状況の中でもKenは多くの方がいらっしゃっていただき、ありがたいです。イラプアト市内やレオンなどからの営業にいらした方はもちろんのこと、サラマンカからもお越しいただいております。工業団地にお勤めの方は、日本食で休憩してホッとしていただける憩いの場としてまたは、情報交換の場所としてご利用いただいています。


MT:お店のメニューは日本食ですが、どれも日本で味わうのと変わらないクオリティですね。


能登様:シェフの1人は、メキシコ人で、20年くらい日本食レストランでの経験があり、Mexico Cityなどにいたことがあります。そんな時レストランがオープンする話を聞いて、入店しました。お寿司も握ることができますし、味はご存じの通り、スタッフも認めるくらいの本格派です。他に日本人シェフが1人で厨房には3名、ホールには3人の計6名のスタッフで運営しております。今後、もう少しスタッフを増やしていきたいですね。


MT:メキシコ人の方とは驚きました。メニューのお写真どれ一つとってもいわゆる「なんちゃって日本食」ではなく、日本人が見慣れてきたメニューばかりです。お店の人気メニューは何ですか。


海鮮の美味しさに驚くメキシコ人の方続出!