【特別寄稿】アメリカ経由編:メキシコから日本への一時帰国の様子レポート(2021年12月10日現在)

こんにちは。アメリカ入国(乗り継ぎ含む)に必要なCOVID19陰性証明書の検査時間が出発前の3日から1日に変更されました。この措置はこれから日本に一時帰国される方も対象となるため、アメリカ経由の一時帰国はどんな様子だろうと、多少の不安を抱えている方もいらっしゃると思います。そこで今回は読者の方からの特別寄稿として、2021年12月10日現在のアグアスカリエンテス空港からアメリカ・テキサス州・ダラス空港を経由し、成田空港への一時帰国をレポートしていただきました。

<目次>

出発前のCOVID19陰性証明書の準備 アグアスカリエンテス空港

ダラス空港

成田空港

こんにちは。私は日本に2年ぶりに一時帰国をしました。 オミクロン株の拡大で、出発直前に各国の規制が変わりました。 アメリカ入国(トランジット含む)も陰性検査が出国3日前以内から1日前以内に変更になりました。私はアメリカ・ダラス空港経由だったため、出国3日前に日本入国用のPCR検査、前日にアメリカ入国用に抗原検査を行いました。


出発前のCOVID19陰性証明書の準備

【出発前】 (出国3日前/72時間以内前) ★日本用PCR検査。午前中に検査をし、当日23時に結果が出ました。 陰性証明書...厚生労働省の指定するフォーマット(日英)で発行してもらいました。 念のため、陰性証明書の原紙をもらいましたが、アグアス空港でも成田空港でもコピーで問題ありませんでした。 (出国前日) ★アメリカ用抗原検査(Antigen)30分ほどで結果が出ました。 陰性証明書...検査してもらったラボのフォーマットでの発行(スペイン語)。 陰性証明書には、氏名の他に「生年月日」と「パスポート番号」も追記してもらいました。 その時点でメキシコも1名オミクロン株感染者が出ていたので、日本政府の発表を毎日確認し、強制隔離対象国(水際対策上特に対応すべき変異株に対する指定国・地域)にならないかハラハラでした。

現時点でメキシコは強制隔離対象外のまま、テキサスが対象地域に加わりました(12/13に『日本時間12/16より対象』と追加発表あり)が、ダラスの乗継だけの場合は「メキシコからの入国者として強制隔離対象外」だそうです。ダラス市内(空港外)で1泊とかしてしまうと「テキサス滞在者」とされ強制隔離対象者になるようです。※最新の状況はご自身で必ず確認してください。

★「質問票」のQRコードの登録(登録してQRコードをスクショ)

質問票の提出について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)


★メキシコ用Vuela Segroの登録、QRコードスクショ

Iniciar sesión | VUELA-SEGURO (vuelaseguro.com)

アメリカン航空&JALフライトなので、旅行会社から専用アプリVeriFlyの事前登録を勧められましたが、空港では確認されませんでした。

(日本→ダラス便では事前登録を推奨されるようです)

VeriFLY -- Welcome International Travelers (daon.com)

新型コロナウイルス感染症関連デジタル証明書アプリ「VeriFLY」について - JAL国際線


アグアスカリエンテス空港

12/10 アメリカン航空 AA3687 アグアスカリエンテスーダラス便

アグアスカリエンテス空港に朝4時に到着しました。7と8月にも同じ曜日、同フライトでコロナワクチン接種のためにダラスに行った際は、夏なのもありメキシコ人で混んでいましたが、今回はガラガラでした。




アメリカン航空 チェックインカウンターで、以下のものを確認されました。


①日本入国用 陰性証明書(PCR)

②日本入国用「質問票」のQRコードスクショ

質問票の提出について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

③アメリカ入国用 ワクチン接種証明書(私はアメリカでPfizerワクチンを接種したのでCDCカード)

④アメリカ入国用 陰性証明書(抗原検査)

※7,8月にダラスに行った際には提出したアメリカ入国のための「宣誓書」の提出は求められませんでした。(VeriFlyで登録済だったからか?)

ATTACHMENT A: COMBINED PASSENGER DISCLOSURE AND ATTESTATION TO THE UNITED STATES OF AMERICA (Print-only) (cdc.gov)