ハリスコ州名物Carne en su jugo をお試しあれ!

Hola!メキシコ料理は本当に奥深い。今日ここで紹介しようとしているCarne en su jugoは、ハリスコ州のいわゆる郷土料理で、名前の通り”肉汁スープの中にある牛肉”です。私は初めてのメキシコがグアダラハラから始まったので、このハリスコ州名物Carne en su jugoはすぐに覚えていたんですが、ハリスコ州以外のメキシコではあまり有名じゃないみたいです。


というのも、レオンに在住の長い日本人や、他の都市出身のメキシコ人に聞いても「何それ?」と言われることが多く、美味しいの知名度の低さに切なくなるくらいです(笑、そもそも在住日本人の中で、メキシカン好き&家でおうちメキシカンをする頻度は、誰にも負けてないと思っています!本当におススメしたいのは、食わず嫌いをせず、現地にせっかくいるのであれば、もう少しメキシカンを挑戦&家で試してもらいたいくらいです)


さてさて、どんなお料理なのか、写真がないと想像できないですよね!じゃん、こちらです(写真はKamillo 333のもの)。



見た目、コンソメスープじゃんと言いたくなりますが、これが一口食べてみると、牛肉とカリカリベーコンのUMAMIがスープにしみこんでいて、中毒性が高いんです。スープの上にお好みでパクチーと玉ねぎをトッピングしてもよし。中の具をトルティーヤに巻いて食べるもよしです。この時 Queso fundido (ケソ・フォンディード)も一緒に注文することをおススメします。日本のものと違い、溶けたチーズが入った器からチーズを取り出し、トルティーヤに挟んで、自家製ケサディージャを楽しめるんです!



また、メキシコには珍しく、どのCarne en su jugo のレストランも提供スピードがとってもはやい!!どこでもこうだったらいいのに!どうやらメキシコでも提供スピードの速い店として有名みたいです。


そして、Carne en su jugoのお店のSangriaがなぜかどこでも美味しいんです。これ理由がわからないんですが、日本で飲んだサングリアよりもライムの風味があり、甘ったるくなくて飲みやすいサングリア。メキシコ来てからもちろんテキーラが一番好きになりましたが、サングリアもメキシコきてもっと好きになりました。