(テキーラジャーナル掲載記事)カサ マエストリ蒸留所で働く人々の生活とプライベートブランドの需要拡大


本記事はRay Trading(MEXI TOWN)がインタビュー協力をし、テキーラジャーナルに掲載された「カサ マエストリ蒸留所で働く人々の生活とプライベートブランドの需要拡大」のインタビュー記事の日本語版英語版 になります。

Tequila Journal(以下TJ):

ビアトリスさんは、カサ マエストリ蒸留所ではどのようなお仕事をしていますか?。


Beatriz Núñez(以下ビアトリス):

インタビューありがとうございます。カサ マエストリ蒸留所について日本で紹介する機会をいただき嬉しいです。



私は、国内外の輸入社、卸業者、販売代理店、プライベートブランドを作りたい方などが蒸留所にいらした際に、テキーラの輸入についてやブランドの作り方などのプロセスについてお伝えする仕事をしています。


また、常に最高の素材とテキーラを提供できるように、ボトルなどの各素材関係の業者や生産チームの調整をしています。


TJ:

カサ マエストリ蒸留所は現在日本に5つのブランドを輸出しており、アガベブーム、カサ・マエストリ、ドーニャセリアなど個性的なテキーラを手掛けている蒸留所の印象です。

テキーラづくりで大切にしているポリシーを教えてください。



ビアトリス:

品質(クオリティ)・アクセスしやすさ(アクセシビリティ)・柔軟性(フレキシビリティ)の3つです。


私達は上質な原材料(アガベ)を使って、細部まででこだわりを持ったテキーラづくりをすることを心がけています。テキーラの製造には多くのプロセスがありまずが、どんな小さなプロセスであっても最終的に完成するテキーラの品質に影響します。高品質を保ち続けるために妥協はしません。


お客様の会社の規模に関わらず、どなたでも気軽にお問い合わせいただけるアクセシビリティ(アクセスのしやすさ)を大切にしています。

他社と違って最低注文数の制限を設けていないので、もし自分のブランドをつくりたいと思ったら6本(1箱)から注文することができます。



また、カサ マエストリは製品のカスタマイズの専門家です。テキーラだけではなく、ボトルデザイン、コルクやラベルの紙の種類なども自由に選択することが可能で、柔軟にお客様のご要望に対応しています。


TJ:

読者の中には、自分のテキーラブランドをいつか持ちたいという夢を持っている方も沢山いらっしゃると思いますが、最初から大きな金額を投資しなくても夢が実現できるというのは嬉しい情報です。

カサ マエストリ蒸留所で働く従業員の方の人数と、どのような役割をしているのか教えてください。


ビアトリス:

現在は工場(蒸留所)に106人、オフィスに26人います。テキーラの需要が増えたため、将来的に設備を拡張して従業員を増やしていく予定です。



各仕事の役割は以下の通りです。


  • アガベロ(アガベ農家)とヒマドール(アガベを収穫する人)

  • ピニャ(アガベの球茎部)を運ぶ人

  • ラボラトリリーでの商品開発と品質管理者

  • マスター・ディスティラー(蒸留責任者)

  • 発酵エリアの担当者

  • 蒸留エリアの担当者

  • ボトリングライン担当者

  • メンテナンス技術者

  • 倉庫スタッフ

  • オフィススタッフ

  • その他



TJ:

テキーラの製造に携わる仕事をしている方の平均収入を教えていただくことはできますか?


ビアトリス:

勤務地と蒸留所によって違いはありますが、一般的には・・・

  • ボトリングラインや一般職: 1日あたり$200 ~ $250 ペソ

  • ヒマドールやメンテナンス技術者などの特別な技術職種: 1日あたり$250 ~ $350 ペソ

  • 工場や倉庫のチームリーダー: 1日あたり$400 ~ $450 ペソ *2021年8月現在100ペソ=約550円(日本円)

こちらを参考にしてみてください。

TJ:

テキーラ地区や近隣の地域に住む従業員の方はどれくらいいますか?



ビアトリス:

98%は蒸留所のあるテキーラ地区やその周辺地域に住んでいて、数名だけグアダラハラから通っています。(グアダラハラは蒸留所から車で約1時間半の距離)


TJ:

この地域のテキーラ業界で働く方のプライベートな生活や1日のタイムテーブルを教えてください。


ビアトリス:

テキーラ村での生活はとてもシンプルです。

ボトリング作業の担当はほとんどが女性で、午前6時から午後2時まで働いています。仕事の後は、お子さんを学校や祖父母の家に迎えに行き、そのまま自宅で過ごします。

ホテルやレストランなどで副業をしている方もいます。


週末やお休みの日は、テキーラ村の中心地に友達や家族と一緒に出掛けて、買い物をしたり食事をしたりします。大都市とは違ってここにはあまり娯楽はないですが、人との繋がりが強く、誰かと一緒にゆっくり過ごす時間を大切にしています。



テキーラ村での一番大きなイベントは毎年11月最終週の週末から2週間開催される「テキーラフェスティバル」(Feria Nacional del Tequila)です。

2020年は中止になりましたが、今年は開催予定となっています。



パレードやチャレアーダス(メキシコのロデオ)、闘鶏、ミス・テキーラコンテスト、音楽、伝統的なショーなどがあり、この地区のテキーラ生産者がブースを出展してテキーラを提供します。


テキーラ村の住民と私達テキーラ生産者にとって、1年に1度の大きなパーティーみたいなものですね。

TJ:

コロナウイルスのパンデミック中でも、テキーラの売上は順調に伸びていたと聞きました。

一番意外だったことは何でしたか。


ビアトリス:

私たちの商品はメキシコ国内よりアメリカを中心とした海外向けの販売がほとんどなので、アメリカでのテキーラの需要がとても増えたのは皆さんご存知だと思います。

プライベートテキーラを作りたいという方からのお問い合わせが増えたことが、一番大きなニュースですね。多い日では1日6件のお問い合わせがありました。


TJ:

お問い合わせが増えた理由は何だと思いますか?


ビアトリス:

アメリカではテキーラの飲み方が家飲みにシフトして、ボトル買いにするようになったことだと思います。

バーでテキーラを飲む代わりに、家飲み用でボトルを買うことにより様々な種類のテキーラボトルを手にする機会が増えました。

テキーラが大好きな方なら、たくさんのボトルが並んでいるのを見て、自分のテキーラをつくってコレクションしたいと思うようになるのでは?



TJ:

最後に、日本へのメッセージをお願いします!


ビアトリス:

カサ マエストリ蒸留所はいつでも日本からのお客さまをお待ちしています。

テキーラの生産過程だけではなく、メキシコ・テキーラ村の雰囲気も体感ください。テキーラ村のあちこちから蒸し焼きにしたアガベの甘くて香ばしい匂いが漂い、フレンドリーな人々が皆さまをお迎えします。

English


Tequila Journal:

Hi everyone, welcome to the interview with the distillery of Tequila AGAVE BOOM. Today, we have the honor to have the distillery’s Sale and Brand Coordinator, Beatriz Núñez, from Casa Maestri with us.


Miss Beatriz, can you please tell us what you do in Casa Maestri?


Beatriz:

Thank you for inviting, I am very glad to share what I do in Casa Maestri.


When the clients comes to our distillery, include foreign importers, distributors, and someone who wants to make his/her own private brand Tequila, I handle the sale of our Tequila for exportation purposes and assist the people to make his/her own Tequila step by step. Plus, I coordinate with the material suppliers and our production teams to make sure that we have the best material and ingredients for producing Tequila all the time.


Tequila Journal:

That is a very important role for the distillery and company, we’re glad to interview you.


Casa Maestri has many brands available in Japan from a single distillery. That means your Tequila is being loved by Japanese for reasons. What are the most important philosophies in Casa Maestri for producing Tequila?


Beatriz:

To us, they are QUALITY, ACCESSIBILITY, and FLEXIBILITY.


We always make sure to use the best ingredients and the detail-oriented production to produce Tequila. There are many processes in the production and every little one can affect the final result, which is the Tequila in your glass. The consistency of premium quality is no compromise at here..


In Casa Maestri, all customers are equal regardless big or small, and we are easy to be accessed when you need us. Unlike some companies, we don’t really have minimum order requirements for you so it’s easy to start small and grow. For example, if you want to make your own brand, we can make even as small as 1 box (6 bottles) for you.


We are expert of customizing products. Not only the Tequila liquid, almost everything we can make it happened as you wish, as small as what kind of cork to use or what type of paper for labels.


Tequila Journal:

Wonderful! I believe that many Tequila lovers who have dream like “Someday if I get rich, I want to make my own brand of Tequila.”, and now we know it could be easy and does not require a lot of investments to make this dream comes true.


How many people do you have in distillery? And how many different job roles do you have?


Beatriz:

Now we have about 106 people in factory and 26 people in office. Because the strong demand of Tequila, we’re growing with bigger plant and will need even more employees in soon futures.


In our production chain, the job roles include:

  • Our agavero (agave farmer) and jimador (agave harvester)

  • Piña (heart of agave, use for making Tequila) handling personnel

  • Researching and profile developing personnel in the laboratory

  • Master distiller

  • Fermentation area personnel

  • Distillation area personnel

  • Bottling line personnel

  • Maintenance technician

  • Warehouse staff

  • Office staff

  • Others


Tequila Journal:

This is a big group and I am sure it is not easy to put everyone together to make Tequila. In the Tequila industry, what are the average incomes for different job roles?


Beatriz:

Well, it is vary by regions and distilleries but in general speaking:

  • Basic skill workers like the bottling line or simple stuff handling: $200 ~ $250 pesos/day.

  • Higher or specific skill workers like jimadores or maintenance technicians: $250 ~ $350 pesos/day.

  • Team leader in factory or warehouse: $400 ~ $450 pesos/day.


Tequila Journal:

How many of your employees are living in Tequila or nearby areas?


Beatriz:

About 98%, only very few people are living in the big city Guadalajara (about 1 hour driving from Tequila).


Tequila Journal:

Looks like almost all people are from local. How is the private life for people who live and work in Tequila? What do they do after work?


Beatriz:

The life is simple in our town. In case our bottling line, almost all of them are female, they work from 6:00 AM to 2:00 PM and after work, they go pick up their children from school or grandparents to home and taking care the house and family. Some have a second job at restaurants, hotels, or local stores to earn some extra income.


On weekend or the day off, they go to the downtown of Tequila to hang out with family or friends, have an easy drink or buy some stuff. Unlike the big cities, there aren’t many entertainments in this small town but everyone enjoys the slow life with the people who are close to them.


The biggest event we have is the “Feria Nacional del Tequila”, held from the last weekend of November for 2 weeks. It has float parades, charreadas (Mexican rodeos), cock fights, coronation of the queen (Miss Tequila), serenades music, and tradition fair activities. It also has the exhibitions of the main Tequila manufacturers, where the production is shown. It’s like a big party for both the drink of Tequila and the people who live in the town of Tequila.


Tequila Journal:

The “Feria Nacional del Tequila” sounds a lot of fun, I wish that I can go see it!


During the pandemic of COVID19, what things happened that surprised you the most regarding the Tequila sale?


Beatriz:

Now everyone knows the US has an even stronger demand for Tequila during the pandemic. But not only that, I was surprised that even more people want to make private brand Tequila. The highest record that I had was 6 people contacted me about it in one day!


Tequila Journal:

Wow, 6 different people in a day? That’s incredible, what do you think the reason is?


Beatriz:

I think it has something to do with people shift to home drinking and bottle buying.


Now people instead of buying shots at bars, they buy bottles for home. So they have more chances to see different bottles and taste them. Well, if you love Tequila very much, you will want to have a Tequila that is literally yours, won’t you? (smile) That’s why we got more inquiries than before.


Tequila Journal:

What an unexpected good thing happened! At the end of interview, can you please give a message to Japan?


Beatriz:

We welcome you to visit our distillery in Tequila, our door is always open. Not only to see how Tequila is made, but also feel the life in Tequila. At here, the agave and Tequila are in the air, people are friendly, and you will have a good time of your life.


Tequila Journal:

Thank you Beatriz, we can’t wait to go. Once the pandemic is over, you will see me book the first available flight!


Beatriz:

I am glad to hear that. ¡HASTA PRONTO!


アガベブーム日本公式サイト(日本国内のみ)

www.rtstequila.com


AGAVE BOOM USA

www.agaveboom.com


CASA MAESTRI

https://www.casamaestri.com/


MEXI TOWNからの情報をLINEでゲット!下のQRコードから登録お待ちしてます!