top of page

メキシコの死者の日を改めて解説!

今回は改めてメキシコの死者の日についてまとめました。


ディズニー映画「リメンバー・ミー」などで注目されるようになったメキシコの死者の日。今年もすでにメキシコでは準備が始まっています!

 

メキシコの死者の日(Día de los Muertos)は、毎年11月1日から2日にかけて、故人を追悼し、彼らの魂が家族や友人と共に戻ってくると信じられている伝統的な祭りです。以下に、メキシコの死者の日についての詳細を教えます。


**由来・起源:**

メキシコの死者の日は、先コロンブス期のアステカ文化と、スペインのカトリック教会の伝統的な信仰が組み合わさったものです。元々は夏の終わりに行われていた祭りが、スペイン人との出会いで11月に移され、キリスト教の「すべての聖人の日」と翌日の「すべての亡くなった信者の魂の日」と結びつけられました。


**何をするか:**

死者の日には、亡くなった家族や友人を追悼するために、彼らの墓を掃除し、花を手向け、キャンドルを灯し、祈りを捧げます。また、彼らが好きだった食べ物や飲み物を供え、歌を歌ったり、彼らの話を共有したりすることが一般的です。家庭では、故人の写真や遺物を飾って、その人々の記憶を称えることが行われます。



また、メキシコシティでは死者の日のパレードが行われ、今年は11月4日(土)に開催されます。午後12時から始まり、チャプルテペック公園からレフォルマ通りから最終地点のソカロまで、4~5時間かけてパレードが通過します。


ルートやその他詳細:El Gran Desfile del Día de los Muertos 2023 de la Ciudad de México


昨年のレポートはこちら↓


**何を飾るか:**

死者の日には、鮮やかなマリーゴールドの花(センパスチル)がよく使われます。この花は、亡くなった人々の霊を引き寄せると信じられています。また、砂糖で作られた骸骨や髑髏(カラベラスやカタリナスとして知られる)、装飾的な紙製の飾り、彩り豊かな布、キャンドル、祭壇(オフレンダ・写真上)などが使われ、家や墓地を飾り立てます。


https://gourmetdemexico.com.mx/gourmet/restaurantes/llego-la-temporada-mas-esperada-con-su-delicioso-pan-de-muerto/


**何を食べるか:**

死者の日には、特別な料理や菓子が用意されます。有名な料理には、パン・デ・ムエルト(死者のパン、甘いパンの一種)などがあります。これらの料理は、亡くなった人々の好物であったり、伝統的なものであったりします。


メキシコの死者の日は、亡くなった人々を敬意をもって追悼し、彼らの魂とのつながりを祝う特別な日であり、家族やコミュニティの絆を強化する機会とされています。


※本記事は一部AIによって執筆されました

 

当記事の記載内容や情報の信頼性については可能な限り十分注意をしておりますが、その完全性、正確性、妥当性及び公正性について保証するものではありません。また、掲載された内容は、文責者の見解であり、当社の公式な見解や意見を示すものではありません。

当記事の記載内容によって被った損害・損失については一切の責任を負いかねます。ご了承ください。




Comments


MEXITOWNへのお問い合わせはこちらのフォーマットから承ります
(お急ぎの方は右下chatboxでご連絡ください)

送信ありがとうございました

Banner vertical (160x600).jpg
vertical.png

MEXITOWN 

スポンサー様広告

Banner TRENDIVITY - CondeHOuse 4.png
vertical final bold.jpg
縦バナー PDF_page-0001.jpg
final.png
advertise-in-Mexico312x1075.jpg
縦長広告 バナー (1).png
Banner 360x1349 OK.jpg
3.png
bottom of page