安全に過ごすための心得



Hola!読者の多くの方がやはり心配されるのは、メキシコの治安だと思います。


メキシコといっても、治安の悪いところといいところが両方あり、いいところで行動していても、いいエリアに住んでいても、常に気を付けなければならないことはあります。今回は、メキシコで危険な目に合わないための心得をご紹介します。中にはすでに知っているよという項目もあるかと思いますが、改めておさらいという意味でも記載しておきます。


※以下に書いてあることは、100%犯罪に巻き込まれないということではありません。犯罪に合いにくいようにするためのに心がけることとして、一読ください。


1.外出先で


同じ場所(レストラン、スーパーなど)にいかない

スーパーやレストランは生活が慣れてくると、ついつい同じところに行きがちです。ただ、同じ行動パターンをすることによって、犯罪者は「あの人、今日も来るかな」と待ち伏せすることもあるからです。


通勤・通学に同じ道を使わない

前述と同じです。同じ道を走っていることによって、行動パターンが把握されてしまいます。


夜間女性の一人歩きは絶対にNG!

基本中の基本です。たとえ1ブロックなどであっても、遅くなってしまった場合は車かUberを呼び、一人では歩かないようにしてください。


長距離は、有料道路を利用する

無料道路は利用しないでください。まず、道路が整備されていないこと・治安の悪いエリアを通っていくことが多いので、本当に危険です。道路が整備されていないだと、レオン⇔グアダラハラ間の無料道路は本当にひどくて、道路が穴だらけ。。。Google Mapが直線で一番短い道路を提案してくるときは、”有料道路のみ表示”というオプションをつけて、自分でも地図を確認するようにしてください。


早朝・夜間の都市間移動は避ける

有料道路であっても、早朝・夜間の都市をまたぐ移動は避けるようにしてください。


車にはモノを置かない(車上荒らしに合わないように)

外から見えるところに物を置かないようにしてください。うっかりお財布や携帯を忘れてしまいそうですが、これも厳禁!あとは大変ですが、Laptop PCはトランクの中であっても入れないように常に持ち歩いてください。犯罪者が車にバッテリー感知器をあてると、入ってるのわかってしまいます。


鞄は常に自分の見えるところ・隠すことができるところにおいておく

BOX席などに座るときは、外から人が手を伸ばすことができないよう、自分の内側に置く、テラス席では歩道側におかないなどです。


危ないエリアにはいかない

具体的に言うと、各都市で治安の悪いとされているエリアには、夜間だけでなく終日近づかないようにすべきです。個人的な見解で、治安があまりよくないなと思うエリアを見抜くポイントとしては


  • 酒屋さんの入り口が常に鍵がかかっている(メキシコのお店はドアをお客さんが自由に開けたり、開けっ放しだったり(警備員がいたり)しますが、鍵をかけて営業している店舗はスキがあるとお酒を盗む確率が多いからです)

  • 落書きが多い(最近街をよくするアート的な落書きは例外)

  • 伝線に靴がぶらさがっている(諸説ありますが、靴がぶらさがっているエリアであまり治安のいいエリアを見たことがない

  • ものすごく状態の悪い車ばかりが止まっている

  • コンビニの駐車場にガラスの破片がよくある(車上荒らしが多いことがわかります)



2.服装

淡い色の洋服(パステルカラー)はなるべく避ける

日本人が好むパステルカラーは、メキシコであまり見かけないため、着ているとだいたい日本人だということがバレます。


露出の多い服装は避ける

どの国でも同じですが、グアナファト州は女性が足を露出している方、少ないと思いませんか?どうやら足をさらけ出すことがよくないとされているよ