(後編)滝本 昇氏「日系企業はメキシコの商習慣や法律を勉強し、トップダウンの指導力を持つこと」

メキシコで頑張る方にインタビュー。第36回目で2022年最初のインタビューを飾っていただくのは、JIGYOU SUPPORT STRATEGYの滝本昇氏(後編)です。

<目次>

戦後の貧しさに比べたら、COVID19も乗り越えていける

アメリカの真似をしすぎたメキシコ

日系企業で働く方へ 4つのアドバイス

2022年は景気が回復基調になることを祈りたい

安全対策には気を付けながら、観光資源が豊富なメキシコを楽しんでほしい

編集後記

会社情報・お問い合わせ先

戦後の貧しさに比べたら、COVID19も乗り越えていける

MT:前編では、滝本さんがスペイン語を勉強し、メキシコに移住したきっかけから、これまでメキシコで経験してきたことについてお話しいただきました。後編では、昨年のお話や日系企業がメキシコに進出するメリット、今年の抱負などをお話しいただきます。昨年はCOVID19の感染状況が2020年から続いていましたが、滝本さんにとってどのような1年でしたか


滝本氏:2021年1月26日に80歳になりましたが、3月にCOVID19に感染しました。感染症対策には気を付けていましたが、油断をしていたのかもしれません。ある日なんとなく喉が痛いと感じ、PCR検査を受けたところ陽性反応が出て、検査から4日後、メキシコシティのHospital Español のCOVID専門病床に入院しました。酸素マスクを付け、面会謝絶・外部からの持ち込み禁止で大変苦しかったですが、


「戦後の貧しい時を耐えたんだ、それに比べたらこれくらい乗り越えていける」


という想いを持ち続けていました。入院して2~3週間目にやっと2日連続で陰性になり一般病床に移動しました。一般病床に1週間入院後退院しましたが、退院後に熱っぽさを感じ、再入院。PCR検査では陰性でしたが、院内感染で急性肺炎になりました。3週間ほど入院しましたので、COVID19に感染して入院した時期を合わせると、6~7週間の入院生活でした。


MT:そうだったんですね。現在は回復されて安心しました。その後後遺症などはございましたか。


滝本氏:後遺症はありました。今はもうないですが、回復直後は足首がうまく動かない・味覚障害がありました。退院後セミナー講師もしましたが、セミナー終了後に息苦しさを感じたりしました。9月に長男のいるヒューストンに行きワクチン接種をした後あたりから急激に元気になりました。それでも現在は体力的にフルタイムで働けないので、殆ど自宅勤務です。

アメリカの真似をしすぎたメキシコ


JIGYOU SUPPORT STRATEGYのスタッフの皆さんと


MT:2015年にTCF法律事務所を退職し、2016年に人事・労務・組合関連の案件を主に取り扱うJIGYOU SUPPORT STRATEGYを設立されました。長年に渡るコンサルタント業務で、日系企業がメキシコに進出するメリット・デメリットについて、滝本様のご見解をお願いします。


滝本氏:メリットはメキシコは様々な国と貿易協定を結んでいる点です。米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)があり、なんといってもアメリカに近いという地理的条件も大きなメリットといえます。メキシコへの外国投資も、観光客もアメリカが大きな割合を占めています。 


反対にデメリットとして挙げられるのは社会問題ではないでしょうか。メキシコで生活していて疑問に思ったことが、「何でメキシコには電車が地下鉄がもっとあってもいいのにないのだろう」という点です。公共交通はバスがメインですが、時間通りに来なかったりするので不便ですよね。電車があったら随分助かるのにと思います。


その一方で道路網は充実していることから、アメリカの真似をし、同じようにメキシコも後を追っています。アメリカの文明・文化を引き継いでしまい貧富の格差を埋められない。メキシコはもっと世界に目を向け、中国や日本、ヨーロッパなどのメリットを導入すべきだったのではないかと考えています。アメリカに依存してしまったことは、今の政権でも同じことがいえます。


また、モノを製造する文化が伸びていないこともあげられます。ブラジルはEmbraerというブラジル製の航空機が世界に知られていますが、メキシコというと何が思い浮かびますか?


MT:確かに、Made In Mexicoはパッと考えても思い浮かばないですね。


滝本氏:そうですよね、全て国外のブランドを消費しています。これは、アメリカが近いことによって、比較的簡単に完成品が手に入ってしまうのが理由として挙げられます。モノを輸入して、販売するというビジネスモデルで簡単に利益を上げられるという産業構造を覚えてしまったため、「モノづくり」の文化がありません。モノづくりを工夫することを忘れてしまった社会は伸びません。安易に収入を稼ごうとするやり方が当たり前になっているが