【現地レポート】アメリカとプラヤ・デル・カルメンの今ー感染症対策万全に、安心した旅行を



Hola!メキシコのコロナウイルスの経済活動の再開信号がオレンジ信号となっているキンタナ・ロー州。現地の状況はどのようになっているのでしょうか。


今回は、第14回メキシコで頑張る人にインタビューでご登場いただいた”Scuba Freedom”代表のMikiさんにご協力を頂き、プラヤ・デル・カルメンの現地の状況をご紹介します。また、アメリカに1ヶ月ほど滞在していたことから、アメリカでワクチンを接種する時の方法や現地の状況も併せて教えていただきましたので、今後アメリカでワクチンを接種する予定のある方に少しでも参考になっていただければ幸いです。それでは、どうぞ!


※本文内の情報は一部、Mikiさんが滞在していた時点での情報となっております。今後、アメリカ・メキシコ両政府・州政府の政策で変更になることもございますので、ご留意ください。

<目次>

出発前のカンクン空港は大混雑!

アメリカでワクチンを接種する方法

アメリカ・メーン州の様子

プラヤ・デル・カルメンは、少しずつ観光客が戻ってきています

Scuba Freedomは感染症対策を徹底していますので、安心してダイビングを楽しめます!

こんにちは!MEXITOWNの第14回インタビューに登場したScuba FreedomのMikiです。今回はアメリカでワクチンを接種する方法やアメリカ現地の様子、プラヤ・デル・カルメンの現状をお伝えしていきます。


まず、私はアメリカの永住権を保有しているため、年に1度アメリカで短期滞在しています。まだ今年に入ってからアメリカに入国していないため、このタイミングで入国し、しばらく滞在してワクチンの接種を受けました。


メキシコのワクチン接種事情に不安がある方で、アメリカでの接種を検討している方もいらっしゃると思います。出発前に気を付けることや、アメリカでワクチンを接種する方法もご紹介します。


出発前のカンクン空港は大混雑!


現在、日本人がアメリカに入国する場合、陰性証明書が必須となっています。ちなみにプラヤ・デル・カルメンに住むフランス人の知人は、「ヨーロッパから直接アメリカ行き飛行機に乗るには、アメリカ居住権を持っているか、アメリカに家族が住んでいることを証明しないと搭乗できない。またヨーロッパからの一般旅行者は一旦メキシコなど他の国を経由すればアメリカに入国できる」と話していました。


プラヤ・デル・カルメンの街中には気軽にPCRや抗原検査を受ける場所が点在しており、旅行者の方でも受けることが出来る体制になっています(※アメリカは陰性証明書のフォーマットの指定はありません。ただし、こうしたプラヤ・デル・カルメンでの検査所が日本に入国する際の指定の陰性証明書のフォーマットに対応しているかは、その場で必ず確認してください)。



検査を受け、陰性証明書を受領後、搭乗する航空会社の専用サイトにアクセスし(アメリカン航空含むワン・ワールド加盟の航空会社の場合はVeriFLY)、陰性証明書をアップロード、いくつかの健康に関する質問に答えていきます。


そして出発日。カンクン空港はコロナ前ほどではありませんが、混雑しています。観光客が戻ってきているのもありますが、実はこの混雑はメキシコから出国する前のセキュリティチェックのところで特に顕著でした。何故こんなに混雑しているのかな・・・と自分もセキュリティチェックに進むと・・・


本来メキシコ入国時にメキシコ政府からの質問に答える「コロナウイルスに感染していないか」の質問票の記入を、何故かカンクン空港では行っていました💦。どうやらカンクン空港だけのようで、原因は不明です。旅行者の多くはこのことを知らないため、記入する人で混雑していました。


次からは、アメリカに入国した後のお話になります。


アメリカでワクチンを接種する方法


アメリカでは以下のような場所で接種することが出来ます。


  • 空港敷地内(ロサンゼルス国際空港、サンフランシスコ国際空港など一部の空港)

  • 病院

  • スーパーマーケット内の薬局