メキシコの日系企業にインタビュー:第2回:マルチリンガル人材や幅広い職種のご紹介をします!(Leverages Career Mexico 狩野様)



こんにちは。メキシコの日系企業にインタビュー、第2回はケレタロにメキシコの拠点を開設し、4年目に突入したLeverages Career Mexicoの狩野様です。Leverages Careerのサービス内容だけではなく、コロナウイルスのパンデミック以降メキシコの転職市場はどう変化し、どんな求人が必要とされているのかなどもお聞きしました。求職者だけではなく、優秀な人材を雇いたいけれど見つからないという採用担当者様にも役に立つインタビュー内容になっております。それでは、どうぞ!

<目次>

海外事業をスタートした2018年から、メキシコに拠点を設立

オールインハウスでの経営で、マーケティングを強化

マルチリンガル人材・幅広い職種のご紹介が可能

パンデミック以降の転職市場の変化

メキシコで働くには、語学プラスのスキルが求められる

編集後記

企業情報

海外事業をスタートした2018年から、メキシコに拠点を設立


MEXITOWN (以下、MT):こんにちは。本日はお時間ありがとうございます。ここ数年でメキシコ国内でLeverages Career Mexico様のウェブ広告などを目にする機会が多くなり、読者の方もおそらく一度は名前を聞いたことがある・利用したことがあるという方もいらっしゃると思います。早速ですが、Leverages Career Mexicoの事業内容とサービス紹介を、日本本社およびメキシコ本社それぞれ教えてください。


Leverages Career Mexico 狩野様(写真前列左から2人目):ありがとうございます。弊社の認知度を高めるために、マーケティングには力を入れている分野ですので、そういっていただけると嬉しいです。


まず、レバレジーズ株式会社は東京都・渋谷区のスクランブルスクエアに本社を構え、今年て17年目になるミドルベンチャー企業です。従業員は1200名程で、IT、医療・介護、若年層事業、海外事業など成長産業と呼ばれる事業で複数のビジネスを展開しています。そして、各領域の中で人材紹介サービス、ウェブサービスの運営、教育サービスの運営等を行っています。


海外事業展開は2018年から開始し、現在はシンガポール、メキシコ、インド、ベトナム、中国、香港の6拠点を構えています。


MT:海外事業展開を始めた最初の年にメキシコに進出されたんですね。


狩野様:はい、Leverages Career Mexicoは今年で4年目に入ります。私と森朝の2名が立ち上げからメキシコに来ています。現在スタッフは10名になりました。オフィスはケレタロのフリカ地区にあります。


メキシコでは、人材紹介サービスをメインとしております。主に日本語の人材、メキシコ人スタッフのご紹介、一部中国語人材のご紹介をしています。 


MT:御社の人材紹介サービスは日本人や日系企業の方以外の方でも登録可能でしょうか。


狩野様:もちろんです。日系企業だけではなく、企業の国籍問わずお取引をさせていただいております。


オールインハウスでの経営で、マーケティングを強化


MT:Leverages Career の他社とは違う強みを教えてください。


狩野様:転職を希望されている方と、企業様向け、それぞれ3点ずつ強みがございますので、分けてご説明します。


まず、転職を希望されている方にとっての強みです。


1.人材の新規開拓

候補者様とお電話で面談し、職種の希望を伺います。この際、候補者様のご希望にマッチする求人がなかった場合(給与希望、ニッチな経験をお持ちの方など)、新規の求人の開拓を社内の法人営業担当がしています。


2.キャリアアドバイザーとの模擬面接

求職者の方がいざ企業様と英語やスペイン語の面接になった場合、ご希望の方には弊社キャリアアドバイザーやメキシコ人スタッフから、スペイン語のレベルチェックや面接の対策などを受けるることができます。 


3.オールインハウスでの経営

こちらはレバレジーズ本社の特徴になりますが、弊社は社内エンジニア、マーケター、プログラマーといった職種が全て揃っている、いわゆるオールインハウスでの経営を行っています。システム開発や広告の作成・マーケティングを外注されている企業もあるなかで、弊社は新しく広告を打つ場合など、社内で作成し、発信しています。また、SEO対策・SNS系バナーの広告にも強化しているので、転職活動を希望されている方に注目されやすく、かつ集客に強みを見い出すことができます。


次に、企業様にとっての強みです。


マルチリンガル人材・幅広い職種のご紹介が可能


1.マルチリンガル人材をそろえている

日本語はもちろんのこと、スペイン語・英語・中国語などマルチリンガルな人材の方をご紹介できます。日系企業様の中には最初弊社のご紹介で日本人を採用し、その後メキシコ人をご紹介・採用という流れがあります。


2.職種の幅広さ

日系企業様でニーズが多い職種は主に営業、エンジニア、人事、総務になります。それ以外のエンジニア系のポジションで探すのが難しい場合、弊社がヘッドハンティングをして、幅広い職種をご紹介することが可能です。


3.人材の採用に関する悩み・給与相談

弊社のメインの事業は人材紹介ですが、会社の人員配置に悩む企業様に対してアドバイスをすることができます。他社様の場合、どういった人員配置を行っているのかなど、ちょっとした人事のお悩みをお持ちでしたらお気軽にお問い合わせください。


パンデミック以降の転職市場の変化


MT: 求職者の方にとっても、企業様にとってもそれぞれ違った強みがありますね。


昨年のコロナウイルスのパンデミックで、メキシコの転職市場は大きく変化があったかと思います。どのような変化がありましたか。


狩野様:通訳求人が激減しました。コロナウイルスのパンデミックにより、日本からくる出張者の方や駐在員の方が減り、そうした方々の通訳として採用されるケースはほぼなくなってきました。現在は一定数はありますが、将来的には駐在員は減っていく傾向にあるので、それに伴い通訳のポジションも減っていくとみています。 


反対に増えた求人としてあげられるのが、駐在員の後任になる求人です。駐在員を日本から呼び寄せることが経済的にも難しく、人件費を削減したい企業様が増えてきた背景があります。この場合、2通りの採用があります。


1つ目は、駐在員の方が帰任された際に、すぐに後任としてご活躍いただけるマネジャーレベルや幹部レベルの方を採用することです。稀にですが、社長・副社長のポジションの求人も出るときもありますね。


もう1つ目は、20代くらいのこれからキャリアをメキシコで積んでいきたい若手の方を採用し、将来的な駐在員後任候補として採用するパターンがあります。


MT:コロナウイルスのパンデミックの影響で外国との往来も制限される中、日本からメキシコに来て働きたいという方は減少しましたか。


狩野様:昨年はビザが下りるのに時間がかかっていたことにより、メキシコの就業ビザをお持ちでない方向けの採用が止まってしまいました。日本にいる方にとっては1年間就職活動が出来ない状況でした。


今年に入り、3~4月以降、転職市場も動きが活発になっていきました。最近では日本から働きたいという方も、コロナウイルスのパンデミック前と同様に戻ってきました。人材をお探しの企業様は、メキシコ在住者様以外の日本在住の方まで広げていただければ、より優秀な人材を確保できると思います。

 

メキシコで働くには、語学プラスのスキルが求められる


MT:少しずつ転職市場も活発になっているんですね!そんな状況の中で、今メキシコで求められている人材について教えてください。


狩野様:こちらもメキシコ人材と日本人材に求められていることに分けてお話しします。


まずメキシコ人材でいえば、マネジャーレベルで幅広い専門知識が求められています。例えば今年に入り労働法が改正したので、その法律を理解し、人事や労務に対応できる方です。それ以外でも経理・財務の法律に熟知し、対応が出来るメキシコ人材が重宝されます。

  

続けて日本語人材ですが、語学+専門的なスキルがある方がこれからの転職市場では求められています。前述の通り、コロナウイルスのパンデミック以降、通訳求人は減少しました。「スペイン語を活かしていきたいので、通訳や事務を希望したい」という候補者様が多いですが、営業職やエンジニア職、購買職等語学以外の職能を身につけていただくと、キャリアを形成していきやすいので、語学だけにとらわれず、柔軟に考えていただけると良いかと思います。 

  

MT:語学プラスαでのキャリアプランの形成ですね。今後メキシコだけではなく、海外で就職を考えている方に共通していえることだと思います。


狩野様:そうですね、そこを求職者の方にはいつもお伝えするようにしています。


MT:最後になりますが、レバレジーズ様はメキシコ以外にも拠点を拡大予定ですか。


狩野様:はい、今後レバレジーズは2023年までにヨーロッパやアジア諸国に25拠点を開設することを目標としています。海外で働きたい・キャリアを積んでいきたい求職者の方への支援を引き続き続けていきますので、宜しくお願い致します。


MT:狩野様、本日はどうもありがとうございました!

編集後記


ウェブ広告などで2018年頃から目にすることが多くなったLeverages Career Mexico様。森朝様と狩野様お2人が日本からメキシコに来て、立ち上げから今日に至るまでのマーケティングや事業のスピードの速さに、一度お話しをお聞きしててみたかった編集部です。


求職者の方にも、人材を探している企業にも、それぞれ他社との違う強みがあり、それぞれに寄り添ったサービスを行っていることが感じられました。またインタビュー終盤、これからの時代は語学だけではなくプラスのスキルが必要ということも、本記事を読んだ皆様に響いてくださればと思います。そうしたアドバイスも、常にメキシコの市場をしっかり把握されているからですね。


求職者の皆様も、人材を探している企業の人事担当者様も、以下がLeverages Career Mexico様の連絡先となります。人事や求人の悩みも狩野様初め、スタッフの皆様が親身になって対応してくださいます!

<