マヤ刺繍村の人々の想いを伝えたい:第26回メキシコで頑張る人にインタビュー MAYA MEXICO



第26回メキシコで頑張る人にインタビューは、MAYA MEXICOの八尾様です。2020年7月に立ち上がったマヤの人々の生活向上や教育・女性の地位向上を目指すプロジェクトで、支援の形としてマヤ刺繍をあしらった小物や、その他の地域で生産されるメルカドバッグなどを日本で輸出・販売し、メキシコやマヤの文化を広めたいというのが活動の目的となっています。そのプロジェクトに携わる八尾様にお話を伺いました。

<目次>

マヤの人々の生活向上と女性支援を目標としたプロジェクト

マヤ文化開発目標(MDGs)が目指すもの

一つ一つがオーダーメイドのマヤ刺繍の作品

幸せの形は一つではない ―マヤ刺繍村で感じたこと

苦労したことも全て楽しみに変えていく

メキシコにいるからこそ出来ることを提供していきたい

編集後記

店舗情報

マヤの人々の生活向上と女性支援を目標としたプロジェクト

MT:こんにちは。本日は宜しくお願いします。MAYA MEXICO のオンラインサイトを拝見しましたが、どれも素敵なデザインですね。MAYA MEXICOの簡単な紹介をお願いします。

八尾様:ありがとうございます。MAYA MEXICOは2020年7月に立ち上げられたプロジェクトの一つです。メキシコ政府認定のNPO法人「マヤ女性の尊厳を守る会」とともに、マヤの人々の生活向上と女性支援などを目標とし、マヤ刺繍プロジェクトを立ち上げました。プロジェクトの立ち上げに際し、マヤ文化開発目標(MDGs)を設定し、子供の教育や衛生管理、識字率の向上など、生活レベルの改善にも取り組んでまいります


マヤ文化開発目標(MDGs)が目指すもの


  1. マヤの歴史や文化を広めよう

  2. マヤ集落に住む人々の識字率を向上

  3. 日本とマヤの文化的な交流を広げていこう

  4. 健康的な生活を確保しよう

  5. 生活レベルの底上げをするために一緒に考えよう

  6. マヤの自然への配慮と広報活動をしよう

  7. 女性の社会的な地位向上を応援

MT:ありがとうございます。プロジェクトが立ち上がったのは、2020年7月ですが、立ち上げたきっかけは何だったのでしょうか。


八尾様:私たちが支援するマヤの集落「マヤ刺繍村」はトゥルム遺跡の近くの集落で、コロナウイルスのパンデミック前は、トゥルム遺跡やコバ遺跡の近くで刺繍の商品を販売していました。しかし、コロナウイルスのパンデミックにより、カンクンなどを訪れる観光客は激減。インターネットを通してやるという知識やインフラが整っていないため、売る方法がなく困っていました


私たちはもともとカンクンで観光業を営んでおり、ある意味でマヤの集落の方が共存し、大切にしてきた自然や遺跡を使わせてもらってビジネスをしていたのもあったので、何か恩返しができないかということで立ち上げたのがきっかけです。

MT:そもそも、八尾さんがMAYA MEXICOに合流したきっかけは何だったのですか。


八尾様:もともと日本で貿易関係の会社員をやっていました。その時、MAYA MEXICOのことをインターネットで知り、メキシコが大好きで何かやりたいと思い、思い切ってプロジェクトを立ち上げた方にコンタクトを取りました。当初は日本で会社員をやりながらMAYA MEXICOに携わっていましたが、だんだんともう少しプロジェクトに関わりたいという想いが強くなり、今年3月にメキシコに来て本格的に参加することになりました。


一つ一つがオーダーメイドのマヤ刺繍の作品


MT:一つ一つの商品がオーダーメイドでマヤ刺繍村の方々が心を込めて作ったものですね。こちらの商品はどこで販売されていますか。


八尾様:日本国内から始め、先日メキシコ国内でもお求めいただけるようになりました。メキシコにお住まいの駐在員の奥様の方々で、いつもとは違った一時帰国のお土産を探している方は是非サイ