Global Gravel Guanajuato開催!日本とメキシコの自転車界の懸け橋となるイベントにしたい!: 第21回メキシコで頑張る人にインタビュー(GFNY親善大使、YOH YAMADA様③)



こんにちは、第21回メキシコで頑張る人にインタビューは、自転車ファンの読者の皆様、お待たせしました!グローバル実業家として今年も大活躍中のGFNY日本親善大使のYoh Yamadaさんの第3回目の連載です。何やらYohさん、今年はものすごいことを打ち出してくれました。なんと、Global Gravel Guanajuatoという、グアナファト州観光庁などの協力をもとに、6月19日にグアナファトで自転車レースのイベントを主催してしまうんです!今回は、イベントに込めた思いと、イベントの宣伝をしていただきました!

<目次>

アウトドアの楽園・グアナファトで初のグラベルレースの開催!

日本には絶対にない楽しみ方を伝えたかった!

グアナファトの様々なコース。事前にYohと体験しませんか?

編集後記

アウトドアの楽園・グアナファトで初のグラベルレースの開催!


MEXITOWN(以下、MT):こんにちは、レース開催まで1ヶ月あまりですね!毎日お忙しいそうですね。それでは早速ですが、今回のレースの概要を教えてください!


Yoh:MEXITOWNさん、こんにちは!おっしゃる通り、めっちゃバタバタしています。でも、今回のレースは自転車オフロードサイクリングをアウトドアの楽園・グアナファトで初めて開催するので、イベントの準備など、何もかも自分にとっては初めてのことだけに、俄然やる気がでてきます。疲れなんて全く感じてないです。


さて、レースの概要ですが、自転車オフロードサイクリング”Global Gravel Guanajuato” (略してGGG)は、またこの記事の最後に詳細をお知らせしますが、6月19日(土)午前7時からスタートします。スタートする場所はPresa de la ollaの奥にあるJardin de las Acaciasスタートして、全長28キロのコースを走っていただきます。


グアナファトの観光地を自転車で疾走できる貴重な機会です!


1週目はグアナファトの中心地(セントロ)に入り、5キロくらいは観光地っぽいところをくぐって、グアナファトを楽しんでいただきます。その後、山道に入って28キロを疾走。ハーフで走る方はここで終わり、エリートの方々はもう1周するというコースになっています。エリートの方々は58~60キロくらいのコースの長さになります。


レースはこういった道を走っていきます。

青空の下、カラッとした気候で駆け抜けてください!


グローバルレースということにもなっているので、アメリカや日本からも参加していただけたらと思っていますが、メインとなる走者はメキシコ人やメキシコ国内の日本人から沢山の応募があれば嬉しいですね。


MT:グアナファトのセントロをコースに入れるのは、とても素敵な発想ですね。世界遺産の街を自転車で駆け抜けて、その後険しい山道を走っていく。景色の移り変わりというところは参加者の方にいいアピールになりますね。


Yoh:ありがとうございます。色々仲間とグアナファトをセントロも含めて走ってみて、「ここの道が好きだからをレースに取り入れよう」ということになりました。


MT:今回の大会ロゴがドラゴンなのと何か関係しているんですか?


Yoh:そうなんです。ドラゴンボールの中に出てくる”ドラゴンロード”ってありますよね。その雰囲気に今回のレースの風景や雰囲気が似ていたので、ドラゴンをどーんっと載せました。 


日本には絶対にない楽しみ方を伝えたかった!


MT:今回GGGを開催したいと思うようになったきっかけは何ですか?


Yoh:”日本にないような自転車のいい雰囲気”をなんとかしてでも伝えたいとずっと思っていました。そこで、グラベルという自転車を楽しむジャンルがでてきて、これだ!これなら私の思う自転車のいい雰囲気を伝えることができる!と感じたんです。グラベルのレースをやるにふさわしい環境であるメキシコをもっと世界の人に知ってもらいたいし、日本人には日本で絶対感じられないような雰囲気を知るきっかけになると思いました。レースを開催したらメキシコの素晴らしい環境をアピールするきっかけにつながりますしね。


MT:レースを開催したいという長年の想いが叶ったわけですね!このレースは誰でも参加できますか?


Yoh:はい、誰でも参加できます!リベラルなレースを目指していますので、オフロード走ることができるならば参加資格は問いません。エレクトリカルバイクでの参加は順位には入らないけれど参加はできます。もちろん、年齢・男女問わず参加可能です!


グアナファトの様々なコース。事前にYohと体験しませんか?


MT:レースのコースですが、グアナファトは標高もあるし、街並みは高低差がきつそうです。

Yoh:それがですね、グラベルで58キロ、28キロって実はそれほど長い距離ではないんです。ですが、グアナファトはご質問の通り、高低差がある街ですよね。今回のレースの場合、獲得標高が1周600メートルになるので、2周すると1000~1200メートルの獲得標高になります。これだと、レースは短いけれど、自転車から降りてじゃないと登れないという方が続出してしまうかもしれません。1周・1時間50分くらいで走るというのを基準にしてみてください!


コースはグアナファト郊外のメインどころになっていますが、グアナファト、ここだけではないです!グアナファトには色々なコースがあるので、沢山走って、沢山知っていただきたい。私が開催するグループのhuekapipoは、毎週土日のどこかで集まってライドを開催しているので、ご連絡いただければ一緒に走りましょう!

huekapipoの集まりは皆さん楽しそう!

そんな楽しい様子をスライドショー形式にしていますので、クリックして見てください


MT:絶対に成功させてくださいね!今日はありがとうございました!では最後に、レースのお知らせお願いします!


Yoh:私が運営するリベラルオフロードチームhuekapipoが共同運営するグラベルレース Global Gravel Guanajuato参加登録を開始いたしました。


日時 : 6月19日(土)午前7時~ スタート:グアナフアト、Presa de la olla(グアナフアトに入った最初のトンネルを右に入ったダム奥の公園)

SATO様、Sushi Tai様にスポンサーご協力いただき、現地にてお弁当販売など予定しております。


参加登録に関しまして、スペイン語で大変申し訳ございませんが、下記Linkよりご登録いただければと思います。 https://www.lavenada.com.mx/eventos/


参加賞ジャージ、当日の途中補給(フルーツ、飲み物など)が料金に含まれております。 レース参加でなく、是非お立ち寄りいただいて出走者応援いただくだけでもうれしいです。


お申込み方法などでご不明な点がございましたら、是非下に記載されている私のSNSに、直接ご連絡下さい!


編集後記


Yohさんは、ワクワクしながら6月に開催されるレースの概要を話していただきました。第1回目のインタビュー頂いたときに語っていただいたご自身の強み「ないものを作り上げていくこと」ーまさにこのイベントはその言葉通りに、グアナファト初のグラベルレースの開催を実現させました。今回の記事では、いつもよりも写真と動画を多くしていますが、初開催のレースがどのような雰囲気なのか読者の方に少しでも伝わってほしいというご本人の想いもありました。


今回のレース終了後、またどのようなストーリーを語っていただけるのか楽しみですね。

Yohさんの過去インタビュー記事はこちらになります


日本語:

第1回目 https://www.mexi-town.com/post/gfnyjapan

第2回目 https://www.mexi-town.com/post/gfnycozumel


スペイン語:

第1回目 https://www.mexi-town.com/post/gfnyjappanespanol

第2回目 https://www.mexi-town.com/post/gfnycozumelespanol


Yohさんが親善大使をつとめるGFNYのSNS情報はこちら


GFNY 







Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCru5PY5taXcSfhOLlzfeqXQ/videos

Twitter:@huekapipoyoh https://twitter.com/huekapipoyoh

Instagram:huekapipo0516 https://www.instagram.com/huekapipo0516/

Facebook:GFNY Japan https://www.facebook.com/GFNY-Japan-102204338146995


gfnyjapan